予防矯正

近年、子どもの歯並びの異常が増えてきています。幼稚園や学校の歯科検診で、むし歯がなくても、“歯並び"で要歯科受診になるお子様もおられるでしょう。

これは、普段の食生活、子どもをとりまく生活習慣や生活様式の変化(悪化)の影響が大きいと考えられます。

子どもの歯並びに影響する口呼吸・舌癖・指しゃぶり・うつ伏せ寝・頬杖などが原因の場合が多々あります。

成長・発育中のお子様の口や歯並びに、異常があったり悪習癖があると、顎の大きくなろうとする力が弱められたり、永久に歯が変な方向に出てきます。

この成長・発育時期に歯並びの異常を放置してしまうと、将来、不正咬合になってしまいます。

しかし、小さな子どもの時期(成長・発育時)から、悪習癖を改善したり顎や歯に少しの矯正力を加える事により、本来の正常な歯並びへと導くことが出来ます。

上記で述べた、歯並びの異常の原因である芽を早期につんでしまうことで、大人になる前に不正咬合を防いでしまおうとするのが “予防矯正" です。

小佐々歯科が予防矯正に力を入れる理由

矯正専門医が増えた昨今、本格的な矯正治療を勧められるケースが多くなってきているようです。しかし、矯正治療は治療費も高額で時間もかかり、なにより小さなお子さんの場合、治療自体がストレスとなってしまうことがほとんどです。

また、永久歯が生え揃ってからの矯正は、健康な永久歯を「抜歯」して歯列を整えるケースが多く、身体全体に対する負担も大きくなり、バランスも崩れてしまいます。

お子さん・親御さんのさまざまな負担を減らすためにも、不正咬合は「予防」ができるということを、私たちは声高にお伝えいたします。

京都市北区の「小佐々歯科診療所」では、長年子どもの矯正治療に携わり、さまざまな症例を研究してきた医師が、予防矯正の診療を行っています。

具体的には、お子さんのお口の状態を見てその問題と原因を見抜き、将来の不正咬合を予防するためのアドバイスを行います。

子どもから矯正をするメリット

永久歯列になった中学生や高校生ぐらいから矯正を始める場合、小臼歯を抜歯してスタートするケースが多くなります。

そしてそれらの多くは成長が止まってしまっているので、不正な成長をし終わると、そのまま顎の骨は固まってしまうのです。

そこから矯正をしようとすると、顎自体を大きく変えることは、外科的処置を除いてできません。

当院で行なっている予防矯正のメリットは、子どもの頃から矯正をすることで長期戦にはなりますが、親知らず以外の永久歯を1本も抜かずに、良好な成長発育ときれいな歯並びへと導くことができることです。

(具体的な矯正装置はこちらをご覧ください。)

いつ頃から始めればいいの?

子どもの健やかな発達は親であれば誰もが望むこと。しかし、何気ないクセによって、思わぬ発達の阻害が起こることがあります。

「まだ小さいから大丈夫」と思っていても、子どものうちのクセを早めに解消していなければ、大人になっても続けてしまうことになります。

また、そのクセが改善されていないと、いくら時間や費用をかけて矯正治療を行っても、治りが悪く、その上、元に戻ってしまうことが少なくないのです。

先ずは、歯並びでの異常を起している原因を見つけ、原因除去を行ないます。そして、原因である悪い癖を改善することが先ずは大切です。

従って、歯並びの異常が見つかり次第に適切な対応をすることが望ましいです。

反対咬合(受け口)を改善する場合は、3歳頃から始めた方がよいケースもあります。

原因除去をするMyobrace治療は6歳前後から始めることをお勧めしております。成長発育がしっかりと使える時期だからです。

逆に10歳を超えてくると、MyobraceよりもInvisalignなどの装置が中心になることもあります。

子どもがしっかりと正しい方向に顎顔面が成長できるのに適切な時期は6歳前後でしょう。

子どもの歯並び、歯の生え方に気になることがあるなら、ぜひお早めにご相談ください。

初めて受診された場合でも、お写真を撮影し、しっかりと説明させていただきます。