当院で扱う主な矯正装置を説明致します。

診断によって使用する装置は様々ですので、ここで記載していない装置を使う可能性もあります。

Muhシールド

ムーシールドは発音や食事の仕方、顔立ちなどに影響を及ぼす「受け口」と呼ばれる反対咬合を改善するために用いる矯正装置です。

透明のマウスピースを就寝時に装着するだけなので、少ない負担でお子さんに取り組んでもらうことが可能です。

かみ合わせの干渉を排除し、舌圧を利用して反対咬合を改善する装置です。

KDCプレート

バネの弾性によって上顎の前歯を前方に押し、反対咬合を改善する装置です。

Muhシールドが装着困難な子の場合に適応になります。

自分で取り外し可能な装置です。

Myobrace(トレーナー装置)

歯並びの原因を改善していく治療になります。

(歯並びの原因についてはこちらの記事をごらんください。)

歯並びは歯の周りにある環境、つまり、舌・頬・口唇などがいつもどのような位置にあり、どのように動いているのか、によって歯並びは決まってきます。

歯並びが良くない子はそれらのバランスがどこかで崩れています。

そのバランスを整えて、歯の周りの環境を正していき、顎が正しい方向へ成長発育していくことを目的とした治療法です。

治療方法は

  • 毎日日中に1時間装着すること
  • 毎日寝る時に装着すること
  • 毎日お口の筋肉トレーニングを行うこと

が重要になってきます。

適応年齢はおよそ10歳まで。それ以上であればこの治療法は効果が薄れてきます。

それまでに矯正治療を始められる子は、まずはこの治療から開始し、原因を改善することからスタートします。

仮にそのような原因を除去できていなければ、たとえ矯正治療で歯並びを改善できたとしても、後戻りが生じてしまう可能性が高くなります。

成長発育が正しい方向になれば、お子さんの顔貌も変わってきます。

成長発育期にしかできない治療法です。

拡大床(床矯正)装置

前歯が永久歯に生え変わった混合歯列である時期(主に6~10歳の間)に使用する矯正装置です。顎の骨の成長する力を利用して歯が並ぶスペース(床)を拡大します。

前方、後方、側方に移動させられます。

舌の動きまで改善できるので、歯並びに悪影響を及ぼす舌癖を治したい場合にも役立ちます。

取り外し可能な装置です。

3D装置(3DL&3DQ)

正式名称を「3Dモジュール矯正システム」という、歯列の内側に装着して固定するタイプの装置です。

3DL装置とは、歯の裏側に矯正線が通ったものです。1本ずつの歯は縛らないため、単純で、目立たない装置です。個人差はありますが、痛みもほとんどありません。

3DL装置の一番の特徴は、内側から歯並びを拡げる力を効果的に発揮できるということです。今のお子様の歯列不正の大半は、あご(歯並び)が小さいことが原因ですので、時代の要求に合った矯正装置といえるでしょう。成長にあわせた無理のない小さい力で治療するため、痛みや後戻りが少ないのです。

当院では、9歳から11歳の間に装着することをおすすめしています。細くてやわらかいワイヤーで作られているため装着時の痛みがほとんどなく、外から見えないのでお友達などに矯正していることを気付かれにくいというのが特長です。

3DL

3Dリンガルアーチという上下の顎に使用する装置です。第一大臼歯をまっすぐ並べたり、前歯を前に押し出したりします

3DQ

3Dクワッド・へリックスという上顎に使用する装置です。側方歯(犬歯、小臼歯)を左右に押し、側方に拡大します

Tip-Edge(ブラケット装置)

歯の表面にブラケットを取り付け、ワイヤーで動かす矯正装置です。咬合の緊密化のための仕上げの治療法です。

歯の表面にブラケットと呼ばれる小さな部品を貼り付け、そこへワイヤーを通して、少しずつ歯の位置を移動させていきます。

取り外しはできず複雑な構造をしているため、歯みがきを念入りに行う必要があります。

見た目に響くのが気になるようなら、歯の色に近いセラミックで作られたセラミックブラケットもお選びいただけます。

Invisalign

マウスピース型の矯正治療です。歯の細かな動きや、拡大などもコントロールできます。

緩やかでありながら、効果的に歯を適切な位置に移動し、歯並びを整えます。

食事の時と、歯磨きの時以外は装着をします。(1日20時間以上)

目立ちにくく、衛生的であり、脱離などのトラブルが少ない装置になっています。