当院の矯正治療のコンセプト

こんにちは、京都市北区の歯科医師「小佐々(こささ)歯科診療所」の院長 小佐々 晴夫(こささ はるお)です。

私はこれまでの歯科医師生活の中で幼稚園や小学校の担当歯科医を経験し、

その中で、近年、不正咬合(ふせいこうごう=乱れた歯並び)のお子さんを多く見かけるようになってきていると実感しています。

また、長く歯科医療に携わってきた経験から、近年は安易に矯正治療をすすめる風潮があることに強い疑問を抱いています。

子どもの歯並びの乱れ、特に小学生・中学生くらいから早期対応をしておれば、本格的な矯正治療、永久歯の抜歯が必要となる矯正治療は回避できるというのが私の考えです。

当診療所では、矯正治療が必要となる前の「予防矯正」を大変重要視しています。

予防矯正とは、本格的な矯正治療に至らないための、不正咬合を改善する診療です。

具体的には、不正咬合の原因である

・口呼吸

・姿勢

・うつ伏せ寝

・舌癖

などを解消することで、歯列への悪影響をストップさせます。

クセをやめさせることは大変なことですが、子どものうちに身についた悪いクセは、大人になるとなかなか改善することができません。

そのため、せっかく矯正治療を行っても悪いクセのせいで、後戻りしてしまうことがあるのです。

こういった悪循環に陥らないためには、対処療法ではなく、根本原因をしっかり把握し、適切にケアすることが必要だと考えています。

そして、私たちがたどり着いたのが「予防矯正」という考え方です。

私は、乳歯の生え始めの小さな赤ちゃんから、幼児、小学生、中学生まで幅広い年齢層の子どもの予防矯正を手がけてまいりました。

その過程で、お子さんをお持ちのお父さん・お母さん、周囲の大人たちに知っておいてほしいことが、たくさん出てきました。

矯正治療しか方法がないの?とお考えの親御さんたちに、正しい情報を提供し、矯正治療が必要になる前に「予防」が可能だということをお伝えしたいと思っています。

「咬み合わせがおかしい」や「乳歯から永久歯への交換がおかしい」など、赤ちゃんの歯や、お子さんの歯に気になることがある、矯正治療を検討しているけど本当にその必要性があるのか疑問をお持ちの方、

当院では、予防で不正咬合を改善している実績があります。

ぜひ、一度ご相談ください。ご来院お待ちしています。

詳しくはこちらも御覧ください。

子どもの矯正

・成人矯正

・矯正装置

・治療費用

PAGE TOP