こどもの成長発育をしっかり見る目を養えます

「これからは少子高齢化で、小児歯科は廃れていくのでは?」

と思っておられる方は中にはいらっしゃるかと思います。

ですが、予防歯科が広がってきている中、患者さんの歯への意識は以前と比較しても、どんどん高いレベルになってきています。

そんな中で、「じゃあいつから予防していけばいいの?」という問いに対しては、やはり小児歯科というものは切っても切り離せない分野になってきます。

少子高齢化であるからこそ、「我が子を大切にしたい」という気持ちを持つ親御さんは今後、益々増えていくのではと思います。

そんな中でしっかりとこどもの治療、接し方、歯並びなどを総合的に見る力というのは、将来にとって非常に有効なスキルとなることと思います。

当院では開業当時からこどもの歯科治療に従事しており、小児矯正に関しては専門知識を持って多くのお子さんに治療にあたっております。

院長は予防矯正に関する書籍を出版、セミナーを開催しており、

副院長は大学病院の小児歯科に在籍しておりましたので、小児歯科のマネジメントや治療の進め方などのノウハウは大変充実しております。

pd診療

当院の特徴として、「pd診療」というものがあります。

みなさんは「pd」という言葉をご存知でしょうか。

pdとは

Proprioceptive Derivation

の略であり、日本語では

「固有感覚の演繹」

という意味です。なかなか難しいですね。笑

ただ、これは非常に身近に感じられるもので、

例えばみなさん、細かい作業や文字を見る時、例えば「りんごの皮を均一に薄くむく」「読書をする」「スマホでゲームをする」などをする時、目から作業する点までの距離はおおよそ20〜30センチほどと言われています。そして

できるだけ身体の正面にあり

背筋がまっすぐ

両肩が水平

左右の目を結ぶ線も水平

になっていることが長時間細かい作業を続けるのに適した姿勢になります。

そして私たちの歯科治療は細かい作業にあたるので、この姿勢の方がより正確であり、より疲れが少なく、より早く治療が行えます。

術者にとって安定した姿勢、そして患者さんにとってのリラックスした姿勢を追求した形がpd診療となります。

これらを診療に取り入れたものがこちらです。

慣れるまでは少し時間がかかりますが、慣れてしまうと体がすごく楽に診療ができるので、もう離れられません!

基本的にはミラーテクニックを使用しますので、マイクロスコープとの相性はすごく良いです。

当院でもマイクロスコープを常備しております。

ミラーテクニックを学びたい!

マイクロをしっかりと使いたい!

という方は是非一度見学にいらしてください。

歯科医師求人情報

・雇用形態:正社員

・給与:<正社員>月額 300,000円 〜 

※研修期間あり:3ヶ月

・待遇・福利厚生:昇給あり年1回、 賞与あり年2回、賞与月数計2.5ヶ月分、 歯科医師国保、健康保険、雇用保険、労災保険、交通費規定支給、皆勤手当、制服・シューズ貸与、退職金制度(勤続3年以上)、就業規則あり

・就業時間:8時45分 〜 18時30分

      木・日・祝日 休み(完全週休2日制)

PAGE TOP